花束みたいな恋をしたを見に行きました

現在公開中の、菅田将暉さんと有村架純さん主演の映画「花束みたいな恋をした」を見に行きました。現在の映画ランキングでも1位であり、多くの人から恋愛面で共感した、すごく泣ける、今後の恋愛の価値観を改められた、今後を少し考えるきっかけになったなどその後の人生により強く影響するような映画であるとの前評判を受け映画を見に行きました。映画の内容はリアルな出会い方、リアルな打ち解け方、リアルな告白、リアルな恋愛描写など昨今の恋愛映画とは異なり危険でもあるような内容がとても多かったです。特にデート先や恋愛の心象の変化など、従来の恋愛映画やドラマと大きく異なるものがございました。また付き合いたてでは見えなかった嫌な面や価値観の違いなどが共に生活をするにあたり生じてきて、じわりじわりと関係性が変わっていく描写はとてもリアルでした。

どうでもいいけど菅田将暉のオーラって絶対緑色だよなぁと思いました。

保守的な性格である
オーラが緑色の人はスピリチュアルな意味で、何事に対しても受け身で保守的な性格であるといわれています。自分から行動を起こすということよりも、自分に頼まれた仕事やしなければならないことを受けてから行動していくという傾向があります。
また、優しい性格ですので相手のいいなりになってしまうこともあります。

オーラが緑色の人の意味!特徴・性格・相性・芸能人・霊感があるは本当?


共感したかどうかで言うと、私はあまり共感できませんでした。過去に恋愛で、別れを経験した男女であり、その相手にまだ未練がある人はとても共感できる部分があるのではないかと思います。映画の内容は4コマ漫画のようなシーンごとに出来事が記されテンポよく進んでいくイメージでした。その思い出の一つ一つはとても些細な日常でありでも確かに2人にとっての幸せであるというのをすごくすごく感じられるようなシーンでした。また思い出の一つ一つが些細であるため、実体験や自身の経験と重なる部分があるのだと感じます。そこに重なった部分に前術の共感したと言う感情が生まれるのではないかと感じました。
映画としてはすごく面白い映画でしたし、久しぶりに映画館で映画見れたのですごくよかったです。また令和の恋愛映画の1つの形としてクライマックスも驚く点が多かったです。時代が移り変わるにつれ恋愛映画の模様や描写クライマックスなど多様なものになっておると感じました。
映画はショッピングとサイクリングして久々に外食もしました。次外で遊ぶのは宣言が解除されてからでしょうが、やはり外で遊ぶのは楽しいものだと気付かされました。